回虫と条虫(サナダムシ)の違いを理解できているか?

 

あなたはペット寄生虫の違いをちゃんと理解していますか? 

 

フィラリア予防についてはかなり認識が深まっていますが、回虫・条虫などの内部寄生虫はあまり知らないとか??

 

まさか、回虫・条虫、フィラリアとノミ・ダニの区別できてないとか?

 

いや、いや、さすがにその違いはわかるが、回虫と条虫の違いに自信がないという感じではないですか?

 

実は、ワタクシもちょっと前までは猫や犬のお腹の虫、寄生虫のことには自信がありませんでした。

 

回虫と条虫(サナダムシ)が違うものことを知っておかないと、お薬がちゃんと選べないからです。

 

 

回虫と条虫(サナダムシ)の違いが、わかりにくいものですが、以下の画像でご確認ください。

 

回虫とは?

回虫
くるっと、回るようになることから、「回虫」とつけられたらしい…。吐くと、おう吐物と一緒にできたりします。

 

 

サナダムシとは?

サナダムシ(条虫)
真田紐の柄に似ていることから、名付けられたらしい。節の一個一個に卵がたくさん入っています。犬がグルーミングの際、ノミを食べてしまうと、ノミに寄生していた条虫(サナダムシ)が犬に寄生してしまいます。

 

サナダムシの画像です。犬のおしりから飼い主がサナダムシを引っ張り出しています。強烈です。

 

 

↓画像をクリックすると、動画が始まります。条虫の感染の様子がよくわかります。